為替への介入というのは知っていますか?日本銀行が外国為替市場介入(為替介入)をして新聞記事、報道番組、ネットの報道記事で見られた人もいると思います。そもそも為替介入(外国為替市場介入)といえば日本においては、◯大臣(財務大臣)為替のレートの安定性を実現させるために実行する手段と考えられています。簡単に言うと、急激な円高や円安が起こると財務大臣の言いつけにより日銀が円の取引をして相場の安定を狙う、といったことです。為替介入(外国為替市場介入)には方法があるのです。1.単独介入・・・政府機関や日銀が、東京市場の中で積極的に市場に参入してきて外国為替平衡操作(為替介入)をする。2.協調介入・・・複数の銀行などが相談したうえ、各銀行などが持っているお金を使って同時ないし続けて為替の介入を実施する。3.委託介入・・・他国の通貨当局へ為替介入(外国為替市場介入)を任せる。4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が異国の通貨当局の代わりに為替介入を遂行する。こんなようなやり方があります。いずれの方法の為替介入(外国為替平衡操作)も一時、もしくは連続的に市場に影響を与えます。為替介入(外国為替市場介入)の額は当然国の誇りをかけて行なうだけにスケールが違うのです。円ベースでみると、いつもはほんの少し変化している為替レートが突発的に数円の変化をします。個人の投資家の人でしたら過去に経験があると考えますがそこまでは順当に含み資産(あるいは損失)が多いポジションをキープしていたところで、維持している保有高が決済しましたとの内容の報告がFX業者の人間よりメールが来ました・・・どれだけ利益が出たのかな(損益が出たのかな)?と考えつつ決済後の報告を見たら、自分の中で推測していた結果とはまったく逆の状態であり息を飲んだという話があったのです。外国為替市場介入(為替介入)が行われた時に多く聞いた話なのです。外国為替平衡操作(為替介入)が施行されると、為替の傾向とまったく逆の変動をすることがわかります。しかも動く金の幅はものすごく大きくでかく動きますので用心が必要です。